GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ファイティングテ・ンプテーションズ』だよ!
昔ハーレムにある教会のミサに運よく参加させてもらうことが出来た。その時始めて聖歌隊による賛美歌の合唱を聞いたんだけど、ホンットにスゲエんだよね!まさに『SISTER ACT』そのものっていうかさ、教会中を手~叩きながら皆で回ったりも~うノリノリなんだわ。それにリードで歌ってた2人(スリム&ファット)がもうメチャウマ!どんだけ聴いてても飽きないってくらい抜群に上手くてさ~、ホント心から感動したのを思い出しますよ。

今まで教会の聖歌隊をテーマにした作品と言えばやっぱり先にも述べた様にWhoopi Goldbergの『SISTER ACT』が頭に浮かぶ人多いと思うんですが、2003年にCuba Gooding Jr. とBeyoncé Knowles 主演の『The Fighting Temptations』も忘れちゃいけませんよね。

20060525093508.jpg


beyonce ft. missy elliot - fighting temptation↓



ニューヨークで広告代理店に勤務するダリン(Cuba Gooding Jr.)。持ち前の頭の回転&ハッタリ(嘘(笑))で出世コースをばく進中だった…ところが入社の際、経歴詐称していた事がバレて、出世コースが一転してクビになってしまう。そんな彼の元に私立探偵がやってきて、彼の叔母が亡くなった為に葬儀に出席して欲しいと告げる。嫌々田舎であるモンテカルロへ帰郷する彼であったが、叔母の遺言には「聖歌隊の責任者になってほしい」とあった。難色をしめす彼も、叔母の遺産目当てに引き受けてしまう。しかし、現在の聖歌隊は人数もまばらで、とても歌える状態ではなかった。ある日、子供の頃プロポーズをしたリリー(Beyonce Knowles)に出会う。あの手この手で彼女を教会に戻し、メンバーも集りやっと形になりかけた聖歌隊であったが、そんな時ダリルの元にNYの会社から「戻ってほしい…」と連絡が入る…。

酔っ払い…老人…囚人…集められた人達は職業も生活もまるっきり違うけど、皆、街の住人であり音楽が大好きという事だけは共通しいる者同士。クサイ言い方だけどホントに音楽って色んなものを繋ぎ合わせるパイプなんだな~と思うよ。

それにCuba Gooding Jr.はい~い感じのはじけっぷりでハツラツとした演技を見せてくれてましたよ!

個性的な脇役もいいよ!ダリンの母親にはなななんとFaith Evans !髪型以外最高!(笑)。そのFaithを聖歌隊から追い出し、皆に対して何時も嫌味を捲くし立てる嫌われ者の教会事務パウリナ(LaTanya Richardson )、まるで『DO THE RIGHT THING』のLOVE DADDYの様に、街の様子をラジオで語るDJにはSteve Harvey!それからそれからAngie StoneやMontell Jordan、T-Boneといったアーティストの顔も!

やっぱりこの映画の目玉の1つは、Beyonceである事は間違いない。だけどね、著名なアーティストが出演する映画ってどうしても“それだけ”に目がいっちゃって、折角のストーリーなんかが二の次になったりするのってスゲエもったいないんだよね。この映画だって特別な大仕掛けやどんでん返しがあるわけではないけど、とってもあったかくてジ~ンとなるいい映画なんだよマジで。

劇中に彼女が言うセリフ、ホントいい事言うな~と思ったよ。

「嫌な人にあったら、その人を“紙ヤスリ”だと思いなさい。その人はあなたを凄く傷つけるかもしれないけど、その分あなたは磨かれて美しくなっていくから。逆にその人はどんどん汚れていく…」

だと思わない?(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/9-a3861600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。