GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『HELL'S KITCHEN(邦題 ザ・ゴング チャンピオンへの道)』だよ!
スポーツを題材にした映画って多いですよね。ココでも前に言った事があるんだけど、特にブラックムービーに関しては『バスケットボール』関係の作品が多かったり。

それと同じくらい頻繁にテーマとなるスポーツがもう一つ…そう!『ボクシング』でしょ。

スポーツの中でも特にハードでストイックな部分が要求される過酷な競技である上に、貧困層やアウトローが這い上がるチャンスとして選択される事も多い…実際にアフロアメリカン系の世界チャンプは、その殆どがそういった境遇からのスタートだった事も頷けます。

今夜紹介する作品『HELL'S KITCHEN(邦題 ザ・ゴング チャンピオンへの道)』も邦題通り主人公の1人がボクサーなんだけど、よくあるハードなトレーニング風景を盛り込んだり、ラストは大きな試合で最高の見せ場を!的な“お約束ボクシング映画”とは全く違う内容なんですよ。

だから個人的には原題である『HELL'S KITCHEN』の方が内容的にずっとシックリくるし、何故この映画で“ボクシング”を中心とした解釈で邦題を付けられたのか不思議になるくらいだったのが見た直後の感想でした。ま、それも“商業的”にしょうがないのかなと(笑)


hellskitchen.jpg



それにこの映画に出演している“ある女優”を見て、「うわ~この女優、艶っぽい唇だな~」などと当時イヤらしい感想を抱いたボキ(笑)、何年か後にその女優さんが“トレジャーハンター”としてスクリーンを躍動的に、そして魅力的に動き回り、世界中の人気者になるなんて思っても見ませんでした…そう、若かりし日のAngelina Jolieが出演してるんですよね~。しかもかなりの“体当たり演技”を見せてくれています。

ゲットーで強盗を働いた際に、誤って仲間であるヘイデンを射殺してしまったロウ(Johnny Whitworth)。彼は、自分の彼女であるグロリア(Angelina Jolie)の母親であるクラブ歌手リズ(Rosanna Arquett)ともドラッグを通じて関係を持っていた。愛する彼と母親がドラッグや酒にドップリ漬かっていく状況を目の当たりにする最悪の環境の中で、グロリアは日々悩み苦しんでいた。ロウと共に強盗を働き、出所後ボクサーとして努力していたジョニー(William Forsythe)は、着々と勝利を重ねていたが、ある試合でトレーナーがプロモーターに“八百長”を命じられる。又、グロリアは、ロウにある重大な隠し事があった事を告白される…。

マイナーな映画ながら出演者全てが迫真の演技を見せる中、特にRosanna Arquetteはジャンキーの母親役を鬼気迫る“キレっぷり”で見事に演じきってたのが印象的だった。個性的というかかなり際立った役が多い彼女、改めて“ヨゴレ役がこれほどハマる女優は他にいない”と感心しましたよホントに。

冒頭でも述べた様に、この映画を「スポーツ映画」もしくは「ボクシング映画」とカテゴライズするのはどうかなと思います。主になるのはゲットーでの厳しい現実であり、悲しすぎる人生であり…そこでどう生きていく事で見えてくる光明の様なものを、出演者全員の演技や、派手さは無いが巧妙なストーリー展開で妙にズシンとしたものを感る事が出来る“ヒューマンドラマ”だとボキは解釈してます。

以前ココで紹介した『ジャングルフィーバー』で描かれた“異人種間での恋愛”は、様々な偏見やトラブルが当事者を苦しめ、結局は実る事がなかった悲しい結末でしたが、この作品でもそういった異人種間での恋愛模様が描かれています。

ただし、ジャングルフィーバーの様な“問題”は存在せず、それこそ本当に自分を大切にしてくれる人は?自分を愛してくれる人は?といった答えが、2人をそうさせたのだという内容になってると思うんですね。

『ジャングルフィーバー』の様に『プロセスがあっての“結末”』というよりは、『なるべくしてなった“結果”』の様なラストには、それまで重々しかったハードなゲットーの現状を目の当たりにする事で束縛されていた感情から、少し解放されたような気分になりましたね。

レンタルビデオ店に行っても“アンジェリーナジョリー”のコーナーには恐らく置いてないと思いますが…(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

以前、ビデオに撮っておいて、そのまま眠ってます... どこに行ったかすら覚えてないです。撮った事までは、覚えているんだけど(笑)Angelina Jolieが出てたんですね!おいおい...(笑)
今、同タイトルのリアリテイ番組があって、そのCM見る度に、この映画を思い出すんけど... 見るまでには至ってないです。
【2006/07/22 09:17】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
邦題である『ザ・ゴング チャンピオンへの道』って言うだけあって、ジャケ写や説明文は限りなく“ボクシング寄り”なんですけど、実際の内容ってのはスポコンではないですね。たまにあるでしょ?とんちんかんな邦題って(笑)。是非引っ張り出して見て下さい。感想聞きたいです(笑)
【2006/07/22 18:15】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/91-a7cabbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。