GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『TINA~WHAT'S LOVE GOT TO DO WITH IT』だよ!
女性ソウル(魂のっちゅう事で)シンガーときいて、直ぐに頭に思い浮かぶのは誰ですか?ボキは、Aretha Franklin、Chaka Khan、和田アキ子(笑)etc…そしてやっぱり欠かせないのがTina Turnerでしょうね~。彼女のパワフルかつソウルフルな歌声はもちろん、ステージ上で縦横無尽に動き回るパフォーマンスは、まさに女王の貫禄さえ感じられるよね。アーティストとしての“存在感”とう意味でもTina Turnerは最高のソウルシンガーの1人だと強烈に思ってるわけです。

まぁジャンル的に言うと後期の彼女は「ロックの女王」と言われただけにHIPHOP畑育ちのボキは当初それほど興味を持たなかったのは事実だけど、彼女の出演映画『MAD MAX BEYOND THUNDERDOME(邦題 マッドマックス サンダードーム)』を見た時から『キター!』ってな感じでレンタルレコード店へダッシュし『プライヴェート・ダンサー』を持ち帰ったのだった。それから彼女の著書である『愛は傷だらけ』を読んで“感動した!by小泉”のを覚えています。

すっかりファンになって、アイク&ティナ・ターナー時代の音も遡って聴いたりと、その波乱万丈な人生と照らし合わせて彼女の歌声の重みや、鍛え上げられた肉体など、まさに『女王』の称号にふさわしいと今でも思うのでR!とにかく超カッコイイんだよね~!

今夜はそんな彼女の波乱に満ちた人生の映画化『TINA~WHAT'S LOVE GOT TO DO WITH IT』をご紹介しちゃいましょう!主演は主人公のティナ役に、見事な肉体改造で本人さながらのパフォーマンスを魅せてくれたAngela Bassett、相手役にはLaurence Fishburne…そうこの2人、後に『BOYZ N THE HOOD』でも夫婦を演じているのはご存知のとおり。ちなみにその年のアカデミー賞にもこの2人はノミニーとして名を連ねている。

6305428409.jpg


Tina Turner - What's Love Got To Do With It↓




テネシーで貧しく暮らすティナ(Angela Bassett)は、当時ライブで各地をツアーしていたR&Bのバンドに憧れ都会へ出る事に。そうしてアイク(Laurence Fishburne)と恋に落ちる。子供もでき、ライブも盛況だったが、アイクの家庭内暴力や女性関係に悩まされる事に。それと共にバンドの人気も下降気味となり、アイクのストレスはティナだけでなく子供達にまで及んでいた。やがて彼女と子供達は彼のもとから去り離婚も成立。遠ざかっていた芸能活動も再開させ、ロックの女王の階段を上っていく…。

度重なる夫の暴力も実話に基づき生々しく数シーンで再現されているが、その壮絶たるや目を覆いたくなるほど。ティナという女性を映画にする際に“避けては通れない”事実であったとはいえ、華やかなステージの裏で繰り広げられていたドメスティックヴァイオレンスの実像は見ていてショックを受けた。言い換えればAngela BassettとLaurence Fishburneの演技は、まさに“ガチンコ”の迫力だったと言えるかな。

スターになる条件として必ずしも“苦難”や“挫折”を経験していなければいけないという決まりはない。ただスターになった殆どの人は、そういった苦い経験をしているのも事実。実際に“アフロアメリカン”という事で興行的な部分などでも偏見があった時代に、愛する人や信じている人から受ける暴力や迫害は、想像もつかない地獄だったに違いない。ただ、彼女は歌う事を辞めなかった、そしてギリギリまで“信じ続けた”のだと思う。

ブルーズからロックへ…様々な苦労と共にスターダムに上がった彼女が、熱心に仏壇に向かって唱えるシーンも、妙に必然性を感じたのはボキだけじゃなかった筈。…エンディングのライブは、実際のティナがソウルフルに観客を盛り上げている映像が盛り込まれているが…ティナを演じたAngela Bassettは、誰もが認めるブラックビューティーだけど、約2時間で彼女の人生を振り返っている分、そのライブ映像はいつもの何倍も“モノホンはやっぱスッゲエ、カッコいい~!”って心のソコから思うよ絶対
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

わたしも、彼女大好きですよ~アイクの度重なる暴力があった事実にはわたしも驚きました。苦労して生き抜いてきたすごい女性なんですよね~
年齢も60代というのに、めっちゃかっこいいし、とくに脚がキレイ!!確か、彼女は仏教徒で日蓮宗信者なんですよね。
【2006/07/22 23:04】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
大元は日蓮宗だけど、そこから離れたトコに入信してるんじゃないかな。この作品でもそういった部分を象徴するシーンがあるよね。たしかスティービーワンダーもそうだよ。
【2006/07/22 23:13】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]


え~~スティービーワンダーもそうなんだあ、、、知らなかったわ。
わたしは無宗教というくらいそれ無関心なほうだけど、宗教持って強く生きてる人にはすごい関心があります。
【2006/07/22 23:25】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
同じくボクちゃんも無宗。しいてあげればオヤジ”臭”があるくらい…にゃ~っはっはっはっははのは~。…………
んなこたいいとして、神様に手を合わせる事は大事な事。そこに“金”や“利”が絡まなければね。
【2006/07/22 23:29】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]


GEE-Qさんのオヤジギャグに笑ってしまいました。
アンジェラとフィッシュバーンっていいコンビですよねー。どこかで、「愛人関係はないけれど、現代のスペンサー・トレイシーとキャサリン・ヘップバーンだ」っていうのを読んで、いい事言うな~って思ってました。
【2006/07/26 15:20】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
なるほどね~。やっぱ何度も共演していればその人の事が単なる“共演者”ではなく、“相方”や“尊敬”といった念も大きくなるでしょうね。
しかし最近ホントにフィッシュバーンって太っ…いや貫禄つきましたよね(笑)
【2006/07/26 18:19】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/92-d50492bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。