GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『MR 3000』だよ!
アフロアメリカンのメジャーリーガーといえばジャッキーロビンソンやウイリーメイズといった名前も出てきますが、今夜の映画はそんなアフロアメリカンメジャーリーガーが大活躍するコメディ作品、Charles StoneⅢ世が名作『DRUMLINE』に続いてメガホンを取った2作目、『MR 3000』。

主演は人気コメディアンのBernie Mac!コメディアンでありながら映画への出演も『ABOVE THE RIM』を皮切りにコンスタントに行っているけど…よくよく振り返ってみるとさ、ピンで主役を張ったのってこの作品が最初なんだよね。個性的な“ギョロ目”と存在感ありまくりの演技でいろんな映画で目にする事が多い彼だから余計に意外な気がするでしょ?

poster.jpg


Mr. 3000 commercial↓



3000本安打を達成し、遣り残した事は無いと引退、その後はバーやペットショップ、中華料理店と手広く商売をしていた元メジャーリーガーのスタン・ロス(Bernie Mac)。引退後もOB試合すら出場を拒んでいたが。彼の背番号『21』が永久欠番になる式典を自ら陰謀し久しぶりに公の場に姿を現す。しかし現役時代から横暴で我ままを繰り返してきた彼に対するマスコミのバッシングにより殿堂入りが出来ない事をファンに訴えて同情評を集める作戦だった。やむを得ず彼の殿堂入りを考える協会であったが、過去の成績を調べてヒットとカウントされていた3本が、相手側のエラーである事が発覚。当然の様に殿堂入りも遠のいてしまう。意地でも殿堂入りに拘るスタンは46歳で無謀にも“現役復帰”を考える…。

JBにノってバットをふりまくるBernie Mac…
YMCAにノってエクササイズするBernie Mac…
クラシックにノってウォームアップするBernie Mac…
JUNGLE BOOGIEにノって空振りするBernie Mac…
そして自ら野球テーマをスキャットするBernie Mac…

怖い!可愛い!オモロい!…カッコいい!(笑)

それから彼をサポートする女性記者モリーン役でAngela Bassettが出演してるんだけど、初めて彼女を見た『F/X 引き裂かれたトリック』から約20年経っているというのに、この作品のストレートヘアーを靡かせ凛とした佇まいを見せてくれている彼女が、どの作品の彼女より一番カッコイイ!と思うのはボキだけ?出演作品も20本以上、同じ俳優であるコートニー・B・ヴァンスと結婚し、役者としてだけでなく女性としてのキャリアも確実に積み重ねてきた正真正銘のブラックビューティー…流石の美しさでした。

人間は欲しいものを手に入れるとそれまで見ていた景色や考え方まで変わるのか、主役であるスタン・ロスも成功者になり野球を始めた頃の純粋な気持が何処かにすっ飛んでたのかもしれない。そして誰もが恐れる…摑んだものを失う事を。簡単に考えていた“復帰”の中で、出来ていた事・出来る筈の事が出来なくなっている事実に対する不安…ただ自分を取り巻く周りの状況が変わる事で、今必要な事や成功によって無くしていた思いを取り戻すきっかけになる事だってある。

この映画はストーリー的に言ったら“お約束”的な要素が強く、最近の映画にあるような巧妙なストーリー展開や大どんでん返しを期待する人達にとってはイマイチ楽しめないかもしれない。でもね、たまにそんなお約束映画を見て下さい。やっぱ映画って本来はHIPHOPと同じで“楽しむ事”が基本じゃないかなって思う。「きっとエンディングはこうなるぜ~」なんて思って見てて、「ほらな~!」なんていいつつ涙ながしてたりするのも映画の楽しみ方じゃないかな。

アメリカの国民的スポーツ…OLD SCHOOLの奮闘…復活…友情…これ以上のキーワード、いらないってくらい“アメリカらしい”映画だよ!ボキはこの映画“でも”泣いたぜ(笑)

最後の最後まで笑わせてくれるしね!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

「Above the Rim」も貫禄ありましたよねー。ホームレスなのに(笑)貫禄あるけれど、体が弱いので心配です!せっかく今大きなチャンスを掴んでいるので、もっともっと大成してもらいたい人物です。それだけの才能のある人ですし...i-22関係ないですが、コメント欄に使える絵文字の数が凄いですね!v-496v-509ごめんなさい。遊びました...
【2006/07/27 13:42】 URL | わるどぉ #JalddpaA [ 編集]

わるどぉさん
ホームレスの元バスケプレイヤーでしたね。あんまり見た目も“バスケ”って感じじゃなかったですけどね(笑)。この人のトークは“間”がいいんですよね~。ピタッと止まってギョロ目で凝視、最高です(笑)
【2006/07/27 18:24】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/96-c220d8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。