GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『The Freshest Kids』だよ!
B-BOY…HIPHOPが好きなヤツ、はたまたHIPHOPをやってるヤツの総称として、今は極端に言えばそれっぽい格好した中学生でも使うメジャーな言葉となりました。

おいおい…(笑)

ま、実際コレほどまでの大きなムーヴメントとなったHIPHOPカルチャーだから、“必ずしも”って事言うほうが間違ってるのかも知れないけど、本来の定義としてはB-BOYっつったらさ、“ブレイクダンス踊る奴”を指す言葉なんだよね。向こう行って“B-BOY”なんて言ったらさ、「踊ってみ?」って言われるよ(笑)。ま、んな事言ったら、今現役で踊って無いお前もB-BOY気取ってんじゃね~よって言われそうだけど(笑)。

そこで今回は、そんな“B-BOY”の歴史や、モノホンの技術がこれでもかというくらいに堪能出来る最高の作品『The Freshest Kids: a History of the B-boy』をご紹介!。ってかね、コレはホントに出来るだけ多くのHIPHOPジャンキーに見てもらいたい1本なんですよ。HIPHOPのエレメントって言えばブレイクダンスの他にもあるんだけど、コレはマジで「あ~、HIPHOPってスゲエな~!HIPHOPって深いな~!HIPHOP好きだな~!」って心から思える作品だと自信をもってオススメしよう!

Tfkids.jpg


B-Boyology from "The Freshest Kids"↓


この作品は、HIPHOP創世記を支えたBreaker達だけにスポットを当てるだけでなく、HIPHOPそのものの歴史も振り返る事が出来るドキュメンタリーになってるんですよ。なのでROCK STEADY CREWやNYC Breakersといった有名なチームはもちろん、HIPHOPを語る上で重要なキーパーソン達が、それぞれの立場からHIPHOPを振り返るコメントを残しているところが大変興味深いんですよね。

70年代前半に、NYのサウスブロンクス地区で産声を上げたHiphopは、当時“ブロックパーティー”といった形でジャマイカ移民のDJ Kool Hercなどが活躍。様々な不満や鬱憤と、自らの情熱や生きがいを体全体で表現する“Break'n”は、HIPHOPの重要なエレメントとして地元色などを前面に打ち出すB-boying を繰り広げるチームも徐々に増えていく。世界的認知のきっかけにもなったのが、1983年に公開された映画『FLASHDANCE』のワンシーンにROCK STEADY CREWが出演した事だった。

決して“UNDERGROUND=REAL”という図式が、何時どんな事にも絶対的に成り立つ訳では無いけど、この『FLASHDANCE』のブレイクがきっかけになり、一気にメインストリームへ駆け上がったBreaker達に与えられた“表舞台”は、本来Streetで繰り広げられていた様な“自分達の考えるB-boying”、“自分達がやりたいB-boying”、“自分達が愛しているB-boying”とは大きくかけ離れたコマーシャルナイズされたものだったんですね。

それに、流行が過ぎると迷わず“排除”していくのが世間やショウビズの世界。でもそれは逆に本来彼らが“いるべき場所”であるStreetに戻るという事に繋がったかもしれないけどね。

このビデオにも登場するROCK STEADY CREWが、正式に…というか公認で“のれんわけ”を認めたのがROCK STEADY CREW JAPAN。このチームが日本に存在する事実がどれ程誇らしいことか!ヘッドでもあり日本のHIPHOPのドン、CRAZY-A氏に対してのRESPECTは、適切な言葉が見つからないくらいだもんよ!

俺は、世界中のダンスの中で、最もアクロバティックで、もっともオリジナリティーに溢れ、もっとも攻撃的で、最も美しく、そして最も体を酷使するもの、それがブレイクダンスだと思うんです。

一流のB-BOYは、歴戦の代償として体を痛め、二度と踊ることが出来くなった者や、手術を繰り返すハメになった者もいる。しかし、体に生涯がある者でも1人の表現者としてSTREETで華麗な技を繰り出し人々を魅了する者も存在する。一見して度派手な技術の攻防の裏には、尋常では考えられない苦労やケガが付きまとってる現実があるんですよね。

本来PEACE&UNITYの文化であるHIPHOPだけど、口で言うのは簡単。第一線で活躍するアーティスト達は、やはりそれなりの努力や苦労を重ね、HIPHOPと向かい合って生きているって事を俺らは忘れてはいけないと思う。

好きこそ物の上手なれ…好きだから始められる、そして愛するから続けられる。オリジネイターたちへのRESPECTを忘れずに、俺もこの先ずっとHIPHOPと向かい合って生きたいと思いますね。

しかし…Ken swift…神技だわ!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/97-8f05bf1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。