GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE NUTTY PROFESSOR(ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合)』だっよ~ん!
どもっ!

いや~シャバはファッキン・バレンタイン・イヴでんな~。

はい、はじめます!(笑)

今回は、『THE NUTTY PROFESSOR(ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合)』だぜ!

nutty_professor_ver2.jpg


大学で生物遺伝子学を教えているクランプ教授(エディ・マーフィー)は、180キロの超おデブ。そんな食いしん坊のおっちょこちょい教授の前にカーラ(ジェイダ・ピンケット)という大学院生が現れる。彼女に即効でゾッコンLOVEになったクランプ教授だが、このデブッチョ体型では彼女にいつか嫌われてしまうとビビりまくり、自身がマウスを使って研究をかさねていた痩せ薬を自分自身で飲んでしまう!するとみるみるうちに彼の体は引き締まり、ついには性格までも別人の様に“変身”してしまったからさあ大変!

なんとも解りやすい構図で、子供から大人まで楽しめるコメディと思う人も少なくないだろう…

が…

決してチビッコに見せてもいい作品ではない!(笑)。一言で言うならば、“ギャグが猛烈に下品”なんだわさ(笑)。ウ○コじゃオ○ラじゃってのがバンバン出てくるし…ま、それはそれで俺的には好きなんだけどね。

ただ、『ビバリーヒルズコップ』以外、コレといったHIT作がなかった彼が起死回生と意気込んだ作品なだけに、十分楽しめる作品だったと思う。デブメイクもさすがハリウッドという感じで違和感無しだし、じいちゃんばあちゃんかあちゃんとおちゃんと、エディ・マーフィーもやる気まんまんで何役もこなしてるし、ジェイダ・ピンケット・スミスもミニスカ姿が眩しいしね…チョイとガニ又だけど(笑)

      ナッティプロフェッサー1


特に、クラブで食事をするシーンで、スタンダップ・コメディアンのレジーってのが出てくるんだけど、これがデイヴ・シャペルな訳だ!んでもってさ、太っちょの時はボロクソのケッチョンケッチョンにバカにされたクランプが、変身後バディ・ラブとなって彼にリベンジするんだけど、元々はエディ・マーフィーだってこっちの畑の人間…シャペルを完封してグランドピアノの中に投げ飛ばして見事リベンジ成功!ってなシーンはオモロかったよな~。


あ、それから、クラブではもう一人、モンテル・ジョーダンが歌ってました(笑)

あ、それからもう一つ…ホンットにチョイのチョイ訳でジェームス・コバーンとか出てるの見ると、逆になんだか悲しくなるよな~俺ら世代は(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『In The Mix』 だっよ~ん!
どもっ!

いや~、こっちは雪は降らないんだけど寒い寒い寒いっ!

ほな行きます!今日は 『In The Mix』 やでっ!

in_the_mix_ver2.jpg


クラブでDJをしてるダレル(アッシャー)は、亡くなった父親の知り合いであったイタリアンマフィアのフランク(C・パルミンテリ)に頼まれ、娘のドリー(E・シューキー)の里帰りを祝うパーティーでDJを任される。パーティーの最中、何者かがフランクの命を奪おうと屋敷に銃を乱発してくるが、ダレルの咄嗟の判断でフランクは命を助けられた。家族を抗争に巻き込むことを恐れ、ドリーにボディーガードを付けようと考えるフランクだったが、ドリーの「ダレルでなきゃイヤ!」という願いを聞き入れることになるが…

『In The Mix』…タイトル通り、ラブロマンスサスペンスクライムアクションコメディという感じの作品。なんて事を言えば、同じようなコンセプトでは、個人的にも大大大好きな 『モ・マネー』 を彷彿してしまうが、内容や満足度では比較にならない程雲泥の差がある…もちろん勝者は『モ・マネー』なんだけど。

       in the


つまりこの作品…正直人気者アーティストの初主演作品という意味では、色んな意味で大失敗だったと思う。そりゃ個人的にはジャスティン・ティンバーレイクが 『Edison Force』 を選択した事は評価してあげたいし、オマリオンが『ユー・ガット・サーブド』の様な作品に出演した事も、この作品を見た後に考えればキャラを活かすという上で必然的だったのかなとも思えてくる。

もっと簡単に片付けてしまえば…つまんないんだよおおおおおお!

これは大げさでもなんでもなく、大のアッシャーファンが見ても決して満足出来る代物じゃないと思うんだ。だってさ、未だに日本版DVDも発売されてないじゃん!こんだけの人気アーティストの初主演作がだよ?おニャン子クラブで言えば『おニャン子ザ・ムービー・危機一髪』だし、シブガキ隊で言えば『ボーイズ&ガールズ』、たのきんトリオで言えば『グッドラックLOVE』な訳じゃん…(笑)

気を取り直してサントラの話でもするか…

作品の中で彼のダンスや歌声が堪能出来ない分、サントラの方では…ってソロ作品1曲も無し!(笑)。おいおいおい、自身のレーベル“USレコーズ”なのに、もちょっと目立っちゃってもよかったんでね~の?と思いつつも、彼自身は所属アーティストのリコ・ラブで競演してるだけにとどまり、後は作曲やプロデュースといった裏方に徹底…んんんん~、マンダム。ま、だからといってアンソニー・ハミルトンやクリスティーナ・ミリアンなんかの曲もあり~ので、サントラ特有の“お得感”はありますんで映画見てない人は是非…ってサントラって、旬を過ぎたらイマイチになっちゃうか(笑)

2005年のこの作品以降、まだ新作はない彼…今後更に俳優としてのキャリアを伸ばしていくのか、本業に専念するのかわからないけど、もし再び映画に取り組むのであれば、もっと単純に “自分” をアピールできる作品からスタートするべきだと思う。本音を言わせて貰えば、“主役栄え” するタイプじゃない様な気もしないでもないが…。

ま、いっか(笑)




テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『REDLINE(レッドライン)』だっよ~ん!
どもっ!

いきなりですが、今週1週間は毎日ノンストップ更新で飛ばします。理由?そりゃ内緒(笑)

っつ~事で今回の作品は、『REDLINE(レッドライン)』 でドッグファイト!

  redline.jpg


LAの走り屋ジェイソン(ジェシー・ジョンソン)は夜ヘッドライトも点灯せずに赤外線スコープでぶっ飛ばす命知らず。彼らを束ねる地元の有力者であるインフェイマス(エディ・グリフィン)は、ジェイソン同様にバンドのボーカリストでもありバリバリの飛ばし屋でもあるナターシャ(ナディア・ビョルリン)の実力を買い、ベガスで行われるレースへの参加を打診するが、彼女には大きなトラウマがあり苦悩する。結局ベガスに乗り込む彼らだが、早速ジェイソンは派手なバトルを繰り広げたりとノリノリ。いよいよレースもスタートし、なななんと初っ端から対戦することになるジェイソンとナターシャ。激しいデッドヒートを繰り広げるメルセデスとランボルギーニ!最終のストレートでニトロを使ったジェイソンだったが…。

まずこの作品、プロデューサーでもあるダニエル・サデクなる人物、これがま~元々土地ころがしなんぞもやっとったメタメタ金持ちらしくってさ、実際この作品に登場する数々のラグジュアリースーパーカーもこの人の所有車らしいんだわさ…って見せびらかしたいんかいっ!もう作品全体に成金スメルがプンプンするんだよね~ホントに(笑)

日本でも 『ワイルドスピード』 といったカーアクションシリーズが人気になってるけど、あのシリーズでは結構 “日本車” がクローズアップされてたりするんだわ。要するにシャレになんない金額をかけなくて、シャレになんないチューンアップを施さなくても、十分 “街中レース” ではその驚異的ポテンシャルを発揮するのが世界に誇る日本車な訳だ!だからこそ、ホントに走りが好きな奴らにはたまらない作品に仕上がってたんだと思う。

が…

この作品で登場する車…フェラーリ、ランボルギーニ、メルセデス、ポルシェ、コブラ、それにロールスロイスまで!これでもかっつ~くらいの高級車がズンドコ節な訳だ!ま、早いのは当たり前なんだけど、こうも高級車がワンサカ出てくるとさ、キャビアじゃフォアグラじゃってのを次から次へと出されて「わしゃお茶漬けがたべたいんじゃい!」って感じになっちまうってな感じもしないでもないんだよね。てんこもりすぎるとせっかくの高級感も “慣れ” ちゃうんだよ。

         レッドライン


それになななんとエディ・グリフィンが映画以外にやってくれてんだわさ!というのもこの作品のイベントでさ、世界限定生産台数たった400台、1台1億円以上するエンツォフェラーリをブロックに激突させておシャカにさせてやんの!!!!!流石やることがビッグだね~…って本人も笑いごっちゃなかっただろうにっ!(笑)。なんかジャッキーさんもその件に関して「クレイジ~!」って言ったそうだよ(笑)

ココ最近、こういったスピード系の作品も結構な割合で劇場公開されてるんだけど、一日の長があるっちゃあおかしいけど、やっぱり “見てて楽しい” という意味では “ワイルドスピード” シリーズは、“より早く・よりカッコよく” 魅せる技術に長けてる感じがする。つまりこの作品は、車自体はワイルドスピードに出てくる様な日本車とは比較にならない超ラグジュアリーモンスタースポーツカーばかりなんだけど、ただそれが突っ走ってるという感じがして、“映画としてのゴージャス感” はガクンと落ちるんですよ。だからホラ、劇場公開すらされないじゃん(笑)

ま、俺的にはエディ・グリフィンが出てなかったらスルーな作品なんですけど、そのうちDVDリリースされるかな~。ジャケットに俳優誰も写ってねえポスターのまんまで(笑)。つまり車が主役って事が全ての作品なんだわさ。

それからさ、この作品のタイトルである 『REDLINE』 なんだけど…もとはと言えば『THE FAST AND THE FURIOUS(ワイルド・スピード)』のA.K.Aなんだよね~…な~んか、ね~(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『The Contract(ザ・スナイパー)』だっよ~ん!
ども!

左手がこんな状態なので空手の練習も満足に出来ない為に、今日はテンションを上げようとyou tubeでなつかしのジャッキーさん映像をずっと見てました(笑)

よくジャッキーさんファンや格闘技・アクション映画ファンの間では、“ベストファイトシーンは?”という話題が上がり、その殆どが『スパルタンX』でのベニー“ザ・ジェット”ユキーデとの死闘という答えが良く聞かれます。が!かれこれ25年以上にもなる筋金入りのファンの俺からすればそりゃ甘い!間違いなくベストはコレです↓

Jackie Chan - Young Master, Final Fight

っつ~事で全く関係ありませんが今回の作品、『The Contract(ザ・スナイパー)』行きます!

  contract_ver2.jpg


学校でチビッコ相手に野球などをコーチしている体育教師のレイ(ジョン。キューザック)。彼にはイマイチ関係が良くない不良息子のクリス(ジェイミー・アンダーゾン)がいた。口論が絶えない気まずい関係を修復しようと、レイはクリスと共に森へキャンプに誘う。彼らが川のそばを歩いていた所、2人の男がドンブラコ、ドンブラコと流れてきた。なんとその1人はFBIにとっ捕まって護送中だった殺し屋カーデン(モーガン・フリーマン)だった。もう1人のFBI捜査官はまもなく息を引き取ったが、レイはクリスの「こんなヤバめなジジイ、ほったらかして行った方がいいよ!きっと松茸だって見つかるよ~!」という願いも空しく、元警官の正義感からか、カーデンを連行するが、これまた当然のごとくカーデンの仲間達がほっとくわけも無く、彼らを追って森へやってくる…。

「ドライビング Miss デイジー」でモーガン・フリーマンと仕事をしていた経験のあるブルース・ベレスフォード監督が久しぶりに、又、彼と組んだだけあってそれなりに期待してた作品なのに、これまた日本未公開…。ま、唯一の救いが日本版DVDリリースがやけに早かった事かな(笑)

その彼、流石に存在感タップリなんですが…あえて辛口を言わせてもらえば、“冷酷無比” ってのはクリアかもしんないけど、凄腕の “殺し屋” 的な立場にしちゃ~、ちょいと老けすぎてる様に思う。むしろ 『アサルト13』 のローレンス・フィッシュバーンなんてのは説得力十分だったじゃん(笑)。

ただ、これも “またぁ~?” と言われそうで嫌なのだけど、彼だからこその味というか、彼だからこその結果みたいなものはやはり大きい訳で…モーガン・フリーマンくらいのキャリアを重ねた俳優になると “そこにいるだけで…” 的な功績も映画の完成度や評価に大きく影響しているのは間違いない。まさにこの作品でも 『表情』 で語っていると思う。

           コントラクト


ま、内容的には超VIPの殺人計画の契約(Contract)を実行する為のメンバーであるカーデンを救出すべく、仲間達が追う、キューザック逃げる、キューザック計画知る、キューザック考える、キューザック行動開始…みたいな作品なんですが…

確かに劇場で見る分にすれば物足りなさは残るかもしれないと言った感じです。

ココでも紹介したサミュエルとの競演策『1408』でも随分と“困ったちゃん”振りを遺憾なく発揮していたキューザックですが、映画的面白さで行けば『1408』の方が断然上でした。やっぱり映画って“風景”が大事なんだな~とつくづく思う。というのも殆どが“山岳地帯”でのシーンなんだけど、それがなんだか飽きちゃうといいますか、それならそれで『ランボー』の様に常に急いでる・焦ってる・追われてる・トラブってる感がバシバシ伝わって来るならまだしも、そういった部分での観客に対する“あおり”はイマイチだった様な気がします。

『スナイパー』という邦題は、これまで何本に使われてきたか…そういった事も含めて、特筆するべき点はあまり見当たらなかったのが残念無念また来年!



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『ANNAPOLIS(アナポリス 青春の誓い)』だっよ~ん!
はい、さっさと行きます!

今回ご紹介する作品は、『ANNAPOLIS(アナポリス 青春の誓い)』だっちゃダーリン!

  annapolis.jpg


造船所での仕事の傍ら、ボクサーとしても試合をしていたジェイク(ジェームズ・フランコ)の元へ、兼ねてから希望していた海軍士官学校への入学の知らせが届く。まもなく厳しい訓練が始まり、人種も性別も関係ない過酷な状況が彼を追い込んでいく。ジェイクは教官の1人であるコール中隊長(タイリース・ギブソン)と “水漏れ訓練事件” をきっかけに対立してしまい、目を付けられてしまう。2人は学校主催のボクシング大会に出場し、順当に勝ち上がっていくが、そんな中、ジェイクのルームメイトが自殺を図るという事件が起きる…

まず、言っておきたい事がある。主役のジェームズ・フランコは、K-1選手のバダ・ハリにメタメタクリソツである(笑)

んなこたいいとして…、こういったボクシングを題材にした作品を見るたびに、必ず思うことがある。それはやっぱり、後にも先にもボクシング映画ってのはやっぱ 『ロッキー』 なんだなと。去年 『ロッキー・ザ・ファイナル』 が公開され、そのボクシングシーンの完成度には改めて驚かされた。もちろんスタローンもホントによく練習してきたんだろうなという事はもちろん、まるでPPVのTVを見ているかの様なカット…素晴らしいの一言だった。だからどうしても 『ロッキー』 を基準にしてしまうんですよね。となるとそれを超えるってのは中々難しいんだよな~。たとえいくら現役の世界チャンプを使おうが、要は “映画” としてどれだけ “映えさせるか” なんだよね。

     アナポリス


ま、この作品のボクシングシーンに関しては、それ以上言いませんが(笑)、作品自体は男汁度も割りと細川“たかし”のいい感じでしたよ。

海兵隊と言えばやっぱ殆どの人が 『愛と青春の旅だち』 なんかを思い出しちゃったりするんだろうけど、この作品は恋愛映画ではない。かといって女っ気ゼロって訳でもないんだけど、黒的視線で見てる俺にとってはタイリースがどんな感じでこの作品の中で存在感を醸し出してるんだろうか…っていう部分だけが重要だった訳で…。そうです、いっつも “今回の萌え萌えディーヴァ!” 的な部分を期待してる訳じゃね~んだわさ…って訳でもない気がしないでもないような…(笑)

でもさ、実際この作品がひっそりとはいえ日本語版DVDになったってのも、ジェームズ・フランコが主役だからだと思うんだよぶっちゃけ!要は 『スパイダーマン効果』 なんでね~のっつ~話ですわ(笑)。だってさ、アメリカでは結構な稼ぎを弾き出してるアイス・キューブの作品ですら日本語版DVDになってないヤツ結構あるでしょ?

は~、この作品を “タイリース目当て” で見た人ってどんくらいいるんだろう…

はっ!だからこそ俺もこんな事してがんばってんだわさ!(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『THE GAME PLAN』だっよ~ん!
どもっ!GEE-Qです!

ここんとこ、初っ端のど~でもいい話をはしょっていきなり作品紹介に行ってますが…すいません、手がまだ痛いんです(笑)。それにもう “ある計画” へのカウントダウンが始まってるモンで…。

っつ~事で今回の作品、『THE GAME PLAN』 ですますきすぶす!

  game_plan.jpg


NFLの花形クォーターバックとして悠々自適に超セレブな生活をエンジョイしているジョー(ドウェイン・ジョンソン)。そんな彼の元にある日1人の美人女性が尋ねてくる。ゴキゲンに招き入れたジョーだったが、美人女性とはいえ…まだチビッコの女の子。彼女はケリー(マディソン・ペティス)といい、自分はジョーの娘だとショッキング告白をブチかます!彼には離婚歴があり、どうやら前妻との間に生まれた子供らしい。困惑するジョーだったが、しゃ~ないっちゅ~事で彼女をつれて回る事になるのだが、チームメイトからはからかわれ、彼女からは驚かれ、生活のリズムがメタメタになってしまうのだが…。

最近ではすっかり“役者” としてのイメージも定着してきた元WWEプロレスラー“ザ・ロック” ことドウェイン・ジョンソン。ただ、ちょっと前にココでも紹介した 『Gridiron Gang(ギャングスターズ 明日へのタッチダウン)』 ってなアメフト作品撮ってたってのにこれまたアメフトかいっ!という感じは否めなかったですね~。ま、あの作品はとってもよかったんですけどね。

ま、それだけじゃなくってさ、アメフト作品と言えるほどアメフトには力入れて無くって、やっぱベースになってるのは “親子愛” な訳ですよ。となるとさ、離れてた親子の元にひょっこりと子供が現れて、ドタバタな生活が始まって最後は感動の嵐…みたいな作品、これまでどんだけ~作られてきたよおおおおおおおお!

     gameplan2.jpg


作品自体は、親子コメディらしく、キッチンがムチャクチャになったり全身泡だらけになったりといった “お約束な笑い” のシーンもあって、きっと日本語版が出る頃にはコメディタッチなジャケになるんじゃないかと俺はふんでるし、それはそれで映画としての重要な要素だと思う。だからこそ全体通して安心して見れる作品になってるんだけど…

新作なのに真新しさが全く感じられないんだよね(笑)

プロレス、まアメリカで言えばWWE(元WWF)から銀幕デビューしたっつったらハルク・ホーガンなんかもそうなんだけど、正直かなりのガックシ感しか残らなかったのは否めない。そこ行くとこの“ザ・ロック” ことドウェイン・ジョンソンは、ショボい作品もさることながら、俺達黒的な作品を好む
人間が見ても十分に納得する作品にも出演してたりするだけに、今後この作品の様な路線を突き進めば、結局ハルクホーガンの様になる様な気がしてならない。

出来ればもっと 『GRIDIRON GANG(ギャングスターズ 明日へのタッチダウン)』 的な作品への出演を期待しますね…あ、欲を言えば、もうアメフトがらみはいいじゃん(笑)。ジム・ブラウンじゃないんだからさ(笑)

ちなみにこの作品でジョーが飼ってる犬が “白いブルドッグ” なんだけど…激萌えで



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP

『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。