FC2ブログ
GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『The Cookout』だっよ~ん!
ども!GEE-Qです!決して吉村マリじゃ~ありません!

しかしさ、不自由な毎日を送ってますよホント!でも頑張ってますんで早速いかせていただきたいと思います。

っつ~事で楽しいヤツをひとつ!『The Cookout』でゴキゲン伺いましょう!

  cookout.jpg


大学バスケットボール界No1の座に就いた花形選手トッド(クラン・ペンダー)は、鳴り物入りでNBAとの契約をすることになる。数々の指名の中でも本命と決めたのがニュージャージー・ネッツで、契約金はざっと3000万ドル!彼は正式契約もしてないっちゅうのにバンバンと買い物をしちゃう訳です。しまいにゃ、スターに相応しい豪邸を!ってな事になり山ほど部屋がある家まで購入しちゃう始末!そんな全盛期のMC・ハマーもビックリな大盤振る舞いを見せる彼を、玉の輿目当てのアーパーギャルがほっとく訳もなく、モロ金目当てでブリトニー(ミーガン・グッド)が接近!そんな中、正式契約をする日に、豪邸で“焼肉ジュージューパーティー”を開くトッドだったが…

今ではすっかり“フィーメールラッパー”として呼ばれる事も少なくなってしまった姉御クィーン・ラティファが脚本に名を連ねるこの作品なんですが…

まず出演者が地味にド派手なんですわ…ってどっちやねんっ!

だってよ、ま、日本でも有名所で言えばジャ・ルールだろ、EVEだろ、ダニー・グローバーだろ、もちろんラティファも出てるし…これだけでも十分ってな感じジャン!
ところがこの作品、2004年製作にも関わらず、これまた日本公開どころかDVDとしてもレンタルされてもいないのが現実!要は何故か…

上に上げた連中が、ほぼ “チョイ役” だからなのだ!(笑)

      クックアウト


主役は、Storm Pことクラン・ペンダーなんだけど、知名度、ルックス、キャリア全ての面に置いてこの時点(いや、今も尚)では低いし、だから尚更全体的にパッとしない感じになっちゃってるのかもしれない。度迫力ポリスのラティファも、出オチ的だしね(笑)。

ま、んなこた言いとして、バスケがネタの一つではあるが、決して “焦点” ではなく、どちらかといえばファミリームービー的な感じも強い…ハッキリ言ってしまえば、だからこそ、この作品がイマイチなんだと思う。要は、いい感じで煽られて、キチッとしたオチで笑えなかったお笑いみたいな感じがするんです。

ブラックムービーではちょくちょく見かける “COOKOUT” …いわゆるBBQパーティーのシーン。貧富の差関係なく、やれサマバケじゃ、やれ出産祝いじゃ、やれ出所祝いじゃ(笑)みたいに、何らかの “アクション時” には必ずBBQを開き、近所の人達に振舞う…なんとも羨ましく、そしてなんとも最高な習慣だな~と思います。

ま、俺的には“オリジナル・チャーリーズ・エンジェルズ”であるファラ・フォーセットが見れたので
それだけは良かったですけど(笑)

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『AMERICAN GANGSTER(アメリカン・ギャングスター)』だっよ~ん!
どもっ!GEE-Qです!決してクシャおじさんではありません。

あいもかわらず左手は痛いんだけど、例の “計画” の為にそうそうぼんやりもしてられね~しな~っつ~コトで、これからはこの “おもしろ前文” を短~く行きますんで(笑)…ってか笑いゼロで行きますんで…ってかさっさといきますハイ!

っつ~コトで当然コレでしょ、『AMERICAN GANGSTER(アメリカン・ギャングスター)』やがなっ!

 アメリカンギャングスタ①


舞台は60年代のニューヨーク…アフロアメリカン系ギャングのボスであるバンピーの死は大きな話題となっていた。後継者となったフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、東南アジアルートのヘロインを元手に、それを “ブルーマジック” まるブランド化し、確実に勢力を拡大していく。そんな中、同僚を麻薬がらみの事件で失い、更に私生活でも元妻と親権を争いつつ、さら更に汚職が蔓延している警察に嫌気が指し、さらさら更に密かに司法書士を目指している熱血刑事リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、麻薬捜査班のチーフに抜擢され、ブルー・マジックの捜査に着手するが、フランクはニューヨークの警官を買収していた…

御大リドリー・スコットの監督・製作総指揮作品でR!しかも主演にデンゼルにラッセル!2時間半以上の長丁場!個人的には 『ALL THE INVISIBLE CHILDREN(それでも生きる子供たちへ)』 以来のリドリー作品劇場鑑賞っつ~事で目立たない程度にスキップしながら館内に突入しやしたよ!

まず、“またか!” と言われそうだけど、この作品の主人公であるフランク・ルーカスは実在した人物で実際に麻薬の売買でのし上がっていった伝説のギャング(ま、その分獄中生活もハンパなく長かったみたいだけどね)。更に “またか!” といわれそうだけど、60年代、70年代ってな時代設定の作品でしょ?当たり前なんだけど、ホンットにこの頃のアメリカの風景をホントによく再現してるんだよね~。モハメッド・アリ(カシアス・クレイ)VSジョー・フレイジャー戦なんて~のもあり~のさ~。

それからデンゼルやコモンの母親役でルビー・ディーが出演してたのが嬉しかったね~。丁度ハル・ベリーの 『THEIR EYES WERE WATCHING GOD(彼らの目は神を見ていた)』 以来だから俺的には2年ぶりか…まだまだ元気、まだまだ現役だけど、80越えてるんだよ!(笑)

    アメリカンギャングスタ


唯一、難癖付けるとすれば、ギャング映画の割には全体的に “上品過ぎる” 気がしてならない。デ・ニーロみたいにバットで撲殺してドス黒い血がながれたり、アル・ パチーノみたいにマシンガンを乱射するのが最高!って訳じゃないんだけど、ある程度のバイオレンスシーンなんてもをもう少し盛り込んだ方が “エンターテイメント” としての楽しみ度は上がる。ま、もちろん、この作品は “賞レース” を見越してのものでもあるだろうから、観客の “盛り上がり” を無理やり煽るなんてコンセプトじゃないんだろうけどね。でもさ、やっぱ “肝” はインパクトあるものが欲しいんだよ。

やべっ、主役の2人の事全然コメントしてねえわな(笑)。デンゼルは相変わらずバシッとスーツがよく似合い、ラッセルはホントに草臥れた感じを絶妙に表現出来るお上手な役者さんだと思いました。僕はこの学校に入ってほんとうによかったです。おしまい(笑)。

ってかいわゆる “2台看板” なんだけど、それぞれの個性がキッチリと表現されていて、それぞれのファンには満足いく作品だと思う。けど、さっきも言った様に、“インパクト” に欠けるんだよな~。強烈な妄想の世界だけど、この作品をリドリー・スコットじゃなくって、マイケル・マンが撮ったら…とか思うとさ~。もちろん十二分に男汁は出てるんだけど、“迸る(ほとばしる)” まで行かないんだよ!やっぱこのメンツならほとばしんなきゃ!(笑)。だからそうしても “寄り道” したくなってさ、ジョシュ・ブローリン・ブローリンが演じてた悪徳刑事トルーポがいい味出してんじゃんとか。

あ、それからサントラなんだけど、何かと話題のJAY-Zによるコンセプチャル・アルバムよりも、オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラックの方が俺的には断然オススメです。

最後にもう一言だけ…丁度さ、“札束を計測する機会でガンガンに銭勘定してるシーン” でボビー・ウーマックの 『110番街交差点』 のテーマが流れたんだよ。アレはホントに “乙” だったね~、やられたよ(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『THE CRAFT(ザ・クラフト)』だっよ~ん!
どもっ!GEE-Qです!決して『人食いアメーバの恐怖』ではありません。

左手がクラッシュギャルズになってから随分とサボってますが、流石にヤバいかなと思い、軽~い
感じのヤツでも更新しとかないと忘れられてしまうっちゅうコトで、やっつけ仕事ですがUPしときました(笑)

っつ~コトでいきなりいきます、今回は、『THE CRAFT(ザ・クラフト)』でとりあえず(笑)

  craft.jpg


両親と共にLAに引っ越してきたサラ(ロビン・タネイ)。引っ越したばかりのガランとした家に、いきなり蛇男が訪れてきたりとショッキングな新生活をおっぱじめる。翌日おとんに送ってもらい、高校に初登校するも、なにやら校内を怪しげな4人組が闊歩し、しかもそいつらと同じクラスになっちゃうサラ。フレンドリーに接しようとするが、なんとも愛想の悪い3人は“魔女三人組”と呼ばれる魔太郎もビックリな連中だった。徐々に彼女達と仲良くなるサラだったが、とても高校生とは思えない怪しい奇行ばかりに走る彼女達と距離を置こうとする。しかし、転入後けっこうええ感じになってたBFに裏切られた腹いせに、再び彼女達と復縁…彼女達はそれぞれの悩みを解決するべく、公園に集まり、“儀式” を始めるのだった…。

背中のケロイド傷が治る…、ライバルが禿げる(笑)…わりとセコい復習結果だな~とも思ってたら、ラストに近くなれるにつれてグロさやSFもちょいと増し~ので、それなりに盛り上がったのでギリギリセーフっちゅう作品であった(笑)

ただ、この作品を 『ハリーポッター』 や 『エクソシスト』 感覚で見ると、腰が抜けるほどのドッチラケ気分を味わう事になるので、精々菊池桃子の 『テラ戦士Ψ(サイ) BOY』 を見る位の感覚で望むのがいいと思う(笑)

ま、ぶっちゃけココで紹介する要素ってのも4枚看板の1人がレイチェル・トゥルーで、しかも彼女が “黒的という事であるという事だけでひねた目でみられている” という部分オンリーであって、決してフェアルーザ・バーク、ネイヴ・キャンベルがどうたらこうたらという部分は全く関係無いのでR!(笑)

      クラフト


ただ、やっぱ4人も女の子が出てくると “誰が一番タイプなの?” ってな事になっちゃんだけど…レイチェル・トゥルーはかわいいんだけど、俺のステルスレーダーには反応しないしな~。『プリズンブレイク』はおもろかったけどロビン・タネイはちゃうしな~、ネイヴ・キャンベルは割りとええな~、ただこの中じゃダントツで…フェアルーザ・バークにミスフォトジェニック賞決定!

そういや彼女、『アメリカン・ヒストリーX』 に出てたよな~、あの作品もココで紹介するべき作品やでっ!っつ~事で近日公開アメヒスエ~ックス!(水木一郎風に!)

ってかね、実は今、手がこんな状態とはいえ、ある計画を進行中でござんす!まだもう少し先になるかと思いますが、そのうち発表いたしやすんで微妙~な位でお楽しみに(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
お知らせだっよ~ん!
みなさんこにゃにゃちわっ!GEE-Qです!決してどざえもんではありません。

いきなしですが…

左手がこんなになっちゃいまして(笑)
080128_2026.jpg


ちょっと休憩します…っていうかPC打つのも片手だと辛いんだわさっ!
でもまぁレビューに関してはストックがいくつもあるんだけど、いきなり本編の説明ってのも…ねぇ(笑)。

っつ~事で時間かかりますんで、2日更新のペースはちょいと落としますんで、そこんとこよろしくメカドック!



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『I Think I Love My Wife』だっよ~ん!
どもっ!GEE-Qです!決して大塩平八郎ではありませんっ!

さて、俺くらいの年齢になると当然結婚し、子供までいるってのもごく当たり前なんですが、何故か会社の同期だったり、空手の仲間だったりってのは、ことごとく “独身” なんですよね…俺も含めて。んでそいつらってのは決して不恰好でも無いし、特別変態チックな趣味がある訳でもない。しかし結婚どころか彼女すらいない奴ばっか…俺も含めて(笑)。かと思えば、コイツだけは結婚出来ねぇんでないの?とか言ってたまるでだめ夫君がさっさと結婚とかしちまう始末…

ホントに運命とかタイミングってのはカッチリはまればメタメタスムーズだし、ちょいと逃したりズレちゃったりするとブラックホール突入です沖田艦長!みたいになっちまうもんなんですな~(しみじみ)

っつ~事で今回の作品は、結婚という一大イベントを理想的な形で通過したのはいいが…ってな感じの 『I Think I Love My Wife』 で教えてティーチャー!

i_think_i_love_my_wife.jpg


美人なカミさんブレンダ(ジーナ・トレス)と結婚し、子供にも恵まれ、仕事である も順調。正に順風満帆なリーマンであるリチャード(クリス・ロッック)だったが、唯一の彼の悩みが “セックスレス” !通勤中も女性が気になって気になって、メッセンジャーがノリノリで歌ってたRAPのリリックだけで悶々とした気分になる始末。そんな状況のリチャードの前に、ダチの元カノでリチャードの憧れの的だったニッキー(ケリー・ワシントン)が、真っ赤なドレス姿で現れたもんだからさぁ大変…

久々に言うぜ!

ケリー・ワシントン~!!!!!激萌えええええええええ~!!!!!なんともま~胸元を強調するような服をとっかえひっかえ着せ替え人形的に魅せてくれてオッチャンも~う興奮して鼻水ジュルジュルでプッチンプリンをプッチンせずに食べたりでホント大変でさ~!!!!!

はい、バカ!!!

ってかさ、クリス・ロック自らが監督、脚本まで担当した作品…そりゃいたる所に細かな笑いが散りばめられてる上質コメディを期待しますわな~。ま、結果的には彼も随分と大人になられて、その笑いのセンスも以前の様なハチャメチャぶりが影を潜め、ホントの意味での “上質” なモノにシフトチャンジしておられました(笑)。といっても、この作品の大きなテーマは “SEX” な訳で、当然 “F○CK” ってなセリフも結構登場するんだけどさ(笑)

           Lovewife-2-733910.jpg


ま、実際何かが弾けた男がここまで変貌するかって言えば「んなわきゃない!」と言いたくもなるんだが、人間ってどんな些細な事だろうが “キッカケ” ってモンがあれば大きく変化するもんなんだとは思う。ま、だからと言ってこの作品のリチャードの様にガンガン前に出るってのもどうかなと思うし、逆に言えばきっかけなんて無くてもリチャードの様な行動を取れる人間は存在する。つまり、その “キッカケ” を与えてくれた相手ってのも、時としては有り難き救世主にもなれば、時として色んなモノを失わせる破壊神にもなるっつ~こった!(笑)

でもね、あくまで “個人” であればどんな変化が自分自身に訪れようと、勝手にすりゃいいんだが、こと “家族” がいる身であれば、その弾けっぷりは十分に危険な事であり、ある意味裏切りにもなり、最悪 “崩壊” につながる事だってあるだろう。それに、人間ってのは “十分” って状態に満足出来ずに “もっともっと!” と欲が出る人だっているだろう。いい服着て、いいモン喰って、いい車乗って、いい女抱く…でも結局、理想と現実を思い知らされるってか、自分の意思や嗜好だけで突っ走れない状況に直面…鬱憤は訳わかんない妄想にまで発展…お~怖っ!(笑)

でもね、高層ビルのオフィスからドル札をパラッと落とすとさ、道行く人は手荷物を放り投げてまでその1枚を拾おうとするんだよね。所詮そんなもんなんだわさ、人間って。そのくせ欲しかったモノが手に入りそうになると怖気づいたり…難しいよな~ホント(笑)

それから、終盤に軽くシモネタシーンがあるんだけど…要はやる気満々でピンコ起ちになったナニが、カミさんがグースカ寝てた事でやり場を失う…しかし元気やる気のん気エネルギーの力は凄まじく、ジュニアは一向に縮小する気配を見せない。しまいにゃ救急車まで出動し、ぶっとい注射まで撃たれる始末…注射してやろうと思ってた方がうちこまれてどうすんじゃい!(笑)

しかし…カミさんが知らない女とデートしてる時、そのカミさんと鉢合わせになった時って一体どのくらい気まずいんだろうか(笑)。お~怖え~!ま、カミさんまではいかなくとも、彼女くらい欲しい今日この頃のGEE-Qでやんす(笑)

PS.最後5分はミュージカルです(大笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『ALIEN VS. PREDATOR(エイリアンVS. プレデター)』だっよ~ん!
おう!GEE-Qです!決して怪傑ズバットじゃないっす!

いやさ、今日ラジオでエリカ・バドゥの新作からのカット聴いたんだけど、これがスゴぶるカッコヨさでさ~!もう俺なん…ちゃうちゃうちゃうわい!そんな話してる場合じゃないんじゃああああ!

っつ~のもよ、別にスルーしてる訳じゃないんだけど、ココでまだ紹介していない作品がTVかなんかでON AIRされるとさ、必ず!必ず!必ずって言っていい程 「あれ?まだ紹介してないみたいけど、見てないんでね~の?根こそぎとか言いつつ、まだまだ甘いなこのつかまった宇宙人が!」とか無礼なトラッシュトークをぶち噛まして来る北京原人が絶対いる訳だ!なめんなよ!っつ~に!

っつ~事で早速いったるわい!TV放映ほやほやの『ALIEN VS. PREDATOR(エイリアンVS. プレデター)』でだあああああああ!(笑)

エイリアンVSプレデター


南極大陸の地下で謎の熱源帯が発生し、その調査に繰り出す企業社長のビショップ(ランス・ヘンリクセン)は直ちに精鋭部隊を組織する。山登り中にご機嫌斜め状態で召集をかけられた環境問題専門家のレックス(サナ・レイサン)は、事あるごとに隊員達に対し苦言を呈していたが、目的地で巨大ピラミッドを発見!調査に入るが、仲間が次々と不可解な死を遂げていく。そして何やらごっつデッカイ気色の悪い生命体が、きっしょ~っな卵をブリブリ産み始める…。

まず最初に…この作品を見ていない人は、「何故このブログで?」って思う人も少なくないかもしれない。でも十分ココで紹介するべき作品ではあったんだよね。ただ、そこまで好きな作品でもないし、ボ~っとしてたらTVで放映されたらしいし、それ見た人でブラックムービーファンがいたら「いっつもクソB級はガンガン紹介して、メジャーは無視かい!」と言われたらトサカに来るので急遽UPしたっつ~事です(笑)。

だってさ、モンスターパニックモノは次々と人間達がヤラれていき、最後の1人が残るってパターンが多い中で、めでたく今作のミス・サバイバルに選出されたのがサナ・レイサンなんだわ(笑)

            エイリアンVSプレデター2

作品はって~と、ご存知アメリカハリウッドが誇る2大メジャーモンスターが戦っちゃうってなこったわな!ま、日本で言えば 『ゴジラvsガメラ』 といった図式だろうか。ただ、東宝のゴジラに対してガメラは大映っつ~事で夢の対決は実現には至らなかった訳だったけど、エイリアンもプレデターも共にFOXっつ~事でこっちの方はめでたく抱き合わせとなった訳だ!(笑)

俺はさ、エイリアンシリーズも4作品劇場で見てるし、プレデターも2作品とも劇場で見た…つまりどちらの作品もそんなにキライじゃないって事。でもよ、だからといってそれを束にされたら楽しさも2倍になるかって言ったら全然で、それどころかなんとも嫌~な雰囲気バリバリでさ、結局俺この作品は映画館では見てなくて、レンタルビデオで見たんですよ。

…それで正解でした(笑)。いや、正確に言えば “それで十分満足” でした(笑)


モロに正直に言おう!俺はこの作品、主役にサナ・レイサンが出てなかったらレンタルすらしたかわからない(笑)。それくらい興味なかったんですよ、この2大モンスターの対決に!(笑)。まず、主役がサナ・レイサンって時点でさ…逆にどうよ(笑)。だってよ、エイリアンが4作品も作られた最大の功績者は誰か…そりゃシガニー・ウィーヴァーに他ならない!彼女というビッグネームが “出演し続けた事” で、エイリアンという作品の核が変わらなかった…。それに比べてプレデターはどうだ!初っ端がシュワちゃんだぜシュワ!どうせ変えるにしてもダニー・グローバーじゃカラーが180度になっちゃうじゃん(笑)。つまりこの2作品は、モンスターが主役とはいえ、それに匹敵するネームバリューを持った役者が同等の位置でタイマンはってたからこそ爆発的HITを飛ばしたと思うんだ。

んでこの作品はどうよ、怪物だけ抱き合わせた所で人間達はお構いなしっつ~感じがプンプンじゃん!俺はサナ・レイサンが大好きだ!メタメタ好きだっつ~事はココでも何度も言ってる。でもね、この作品にサナを目当てにしてる奴なんて日本にそんないね~っつ~の!怪物見に行ったら生き残ったの黒人女性だったぐらいにしか思ってないって絶対!んじゃさ、この作品にシガニー・ウィーヴァーかシュワが出てたらどうなってたと思う?きっと興行成績は1.5倍から2倍になってたさ!

たださ、勝負の話で言えば俺は断然ハナッから “プレデターびいき” だったんだよね。理由?そりゃ当然でしょ!エイリアンってのはその存在自体が生まれた時から凶暴な生物ってだけじゃん…ま、そのナチュラルぶりが一番怖いのかもしんないけどさ(笑)。それに比べてプレデターって奴らはどうよ!光学迷彩や多彩な武器を操り、明らかに “知的生命体” ぶりを発揮してるじゃん!勝ってもらいたいじゃん!(笑)。夢・勝ちます…じゃん!

ま、TV放映も終わったっつ~事でネタバレもクソもないんだけど、『プレデター2』 でも既に人間との関係もなにやら変化が見られた終わり方だっただけに、この作品ではガッツリとタッグを組み、エイリアン退治に一丸となって頑張る所存でございます系な訳よ!(笑)。ただ、ハナッからそうだった訳じゃなく、いきなし無差別テロに出てきたのはこのプレデターの方なんだわさ!つまり調子いいんだよこいつらときたら(笑)。テメエらのケツはテメエらで拭けっつ~の!ま、そもそもプレエデターとエイリアンが戦うってのも自然発生的ではなく、“儀式” として決まってた訳で、そこにタイミングわるくサナちゃん達がやってきちゃったっつ~話ですよ(笑)。

でもカッコイイからギリギリ許す(笑)

でもさ、お察しのとおり、この続編 『エイリアンvsプレデター2』 なんですが…ビデオでも見ないでしょう(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP

『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。